心療内科ってどんな症状の時に行くところ?


心療内科は原因がわからない不調があるときにおすすめ

心療内科とは、心理的な要因から起こる体の不調を診てくれるところです。会社や学校に行く前に吐き気や頭痛がしたり、お腹が痛くなる、ストレスで眠れなくて体の調子が悪いなど心理的なきっかけがあって体の不調が起きているときには心療内科を受診しましょう。また、長く続く体の不調があるのに、他の科を受診して調べても原因が特定されない時も心理的要因が原因の場合があります。そのような時も心療内科を受診するのがおすすめです。ストレスで不眠症になっている方、精神科に行くほどの事が無いかなと思っている方や行きにくいと思っている方も心療内科が良いでしょう。

似た診療をしてくれるところに、精神科があります。精神科は統合失調症やうつ病など直接的に体の不調を伴わない精神病の治療が中心になります。しかし、心療内科と精神科ではどちらを受診したら良いか迷ってしまう人もいるほど似ている部分もあります。そのため、両方の科がある病院も増えてきており、最初にどちらの科を受診しても病状により対応してもらうことが可能です。心療内科と精神科のどちらを受診したら良いか迷っている方は、両方が併設されている病院を選びましょう。

悩まず心療内科を受診してみよう

心因的要因からくる体の不調はとてもつらいものです。心療内科ではまず話を聞いてくれます。細かく話を聞くことによって、体の不調の心理的要因を探ってくれます。中には、話を聞いてもらえるだけで体の症状が和らぐ方もいるようです。心理的要因による体の不調を感じている方は一人で悩まず、まずは心療内科を受診してみましょう。

悩みを抱えているために、日常生活に支障が出ているなら、岡山の心療内科で診察を受ける方法が有効です。放置していると、心身に影響が出るケースがあるからです。気軽に問い合わせてみることがコツです。