CADの特徴や利用した場合の利点などを詳しく紹介


CADは幅広い分野で活躍している図面作成ソフトです

CADとは、自動車や建築などの設計や図面作成を支援するソフトです。CADに関連した資格も数多くあり、製造をメインとしている企業を中心に幅広く利用されています。家電製品などのように生活に深く関わっている製品も緻密な設計図面を見て製造されており、今ではCADは製品の開発製造には必要不可欠なツールになっていると言えます。ある航空機メーカーが1960年代に飛行機を設計するためにコンピュータを使って開発したのがCADの始まりとも言われています。CADは大きく分けると2つのタイプがあり、一つは建築やそれに関する設備など特定の分野に特化しているものです。もう一方は様々なジャンルで幅広く利用できるもので、一般のユーザーにも利用されています。

CADには作業時間が大幅に短縮できるなどの利点がある

CADの使用には様々なメリットがありますが、最大の魅力は手書きによる図面作成よりも短時間でできるという点です。CADは、製品の寸法や構造などを図面上に記入していく作業をコンピュータが全て行ってくれるので、作業時間の大幅な短縮が可能となっています。また作成した図面の修正もスムーズかつ簡単にできるという点もCADのメリットと言えます。手書きの図面を修正する際は、誤って他の箇所を一緒に消さないよう注意しながら作業しなければなりません。一方CADの場合はパソコン上で作業を行うので、修正したい箇所のみを正しく修正する事が可能です。

そのため、作業ミスのリスクが大幅に軽減できると言えます。もうひとつのメリットは管理や共有がしやすいという点です。CADで作成した図面はパソコンで保存できるので他のパソコンとネットワークで繋がっていれば、図面データの共有も簡単にできます。

電気CADはパソコンなどで配線システムを設計するツールです。ネットワーク環境に精通していることが求められることになるでしょう。